2013年05月01日

宝塚判決の問題点

意見交換会でも事例として挙がっていましたが。。

宮本市長が風営法条例廃止の根拠としている「宝塚パチンコ事件」ですが、
本裁判に関わった裁判官はロクなのがいません。


【冷酷無比の極み、最高裁・金谷利広裁判長の「常識」を疑う】
http://blog.goo.ne.jp/koutsuujiko/e/5a17cb952e0d94b1a01011c821b8439c

【私には罷免したい最高裁裁判官がいます】
http://suigei.blog10.fc2.com/blog-entry-1164.html


仮にこんな判例を根拠として風営法を廃止したのだとすれば、
残念ですが宮本氏の失政としか言えません。
posted by yamada at 01:31| Comment(1) | メイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風営法に関して言えば、習志野市民のほとんどの人がその事実を知らないと思います。
広報などで発信はされていますが、ある日突然自分の家の隣に風俗店が出来ても、法に準拠していれば文句は言えない訳です。

宮本市長は屋敷出身ですが、余程の信者でない限り、次の市長選挙で宮本氏に票を入れる人はいないでしょう。
少なくとも屋敷エリアでは。
Posted by 涼風 at 2013年05月01日 11:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。