2013年04月09日

疑惑の痕跡「ガス整圧器室」

年明けくらいに、建設予定地の北東角地に「ガス整圧器室」なる設備が突如出現しました。

image.jpeg

本設備を管轄する習志野市企業局に問いあわせたところ、

・土地の所有者がゴールドクレスト→習志野市企業に、10月4日に所有権移転

着工は10月26日竣工は3月2日。

との回答。

平成18年6月22日にゴールドクレストのマンション計画が習志野市に通知されて以来、
6年間何もなかった場所に、パチンコ店の建設計画に合わせたかのように、絶妙なタイミングで設備設置

そして、おそらくこの設備をパチンコ店建設計画の中で実施することは「開発」行為にあたり、市長自らが撤廃した風営法条例と同様に、市長の許可が必要だったものと思われます。

市長の議会答弁では、平成24年11月16日付けで、ゴールドクレストからマンション計画中止の報告がされ、平成25年1月11日付けで、マルハンからパチンコ店建設計画を知らされた、とのこと。

それ以前から、既に本パチンコ店建設計画が予定されたものであった気がしてなりません。

市長は本当に、本計画を事前に知らなかったのでしょうか?



posted by yamada at 01:01| Comment(4) | メイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土地の所有は、2012年11月から12月の間でゴールドクレストからなぜか九州の不動産業の高田屋へ。そしてマルハンへ。その額14億円。高田屋の資本金を遥かに上回る額です。
おそらく、ゴールドクレストからマルハンのブリッジとして高田屋を介しているものと思われます。
つまりマルハンが高田屋に購入させた、と思われます。
Posted by at 2013年04月09日 13:12
これができた時、「あ~ゴールドクレストの工事が始まるのか~」とか漠然と思っていたのが、まさかのパチンコ…
しかも屋敷出身市長の近隣住民への裏切り行為の証拠が、一つ二つと出てくる始末…
祭りの時に見かけた親しみ易い雰囲気が偽りだったのかと非常にガッカリしますね。
Posted by 偽り市長 at 2013年04月09日 17:01
まったくですね。
一概に市長だけを責めることはできませんが、決定権を持った人ですからね。
次期市長選の地元の支持は厳しいでしょうね。
Posted by at 2013年04月09日 21:54
もっと周りの景色も写ってる画像を見たかった
Posted by at 2013年04月20日 08:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。