2013年03月05日

宮本市長の議会答弁

先日の議会の市長答弁は、建設は規制できない、規制して逆に訴えられて賠償金を払わされた判例もある、という消極的ともいえる発言だったようです。

市長は今回建設予定地となっている屋敷の出身であり、もしパチンコ店が建設されることになれば、彼を応援する地元支援者の支持は一気に失われ、次回選挙での当選は望めなくなるでしょう。

逆に今回の件で地元のために尽力する姿勢を取れば、彼の支持基盤はさらに強固なものとなるはずです。

宮本市長の姿勢に皆が注目しています。
posted by yamada at 09:07| Comment(1) | メイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地元の裏切り者には投票しません。
あの環境を見れば、一般常識のある人なら「なぜここにパチンコ屋」と思うでしょう。
人間の常識より法が優先された結果です。
いずれ、それ見たことか!とトラブルや事故が起こるのは目にめえています。
その時はマルハンと、建設許可した公安委員会と習志野市を訴えます。
Posted by す at 2013年03月07日 11:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。